カレンダー 新着エントリー 過去ログ
CALENDARメニューを閉じる
<< November 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
ARCHIVESメニューを閉じる
PROFILEメニューを閉じる
LOGINメニューを閉じる
userid:

password:


子ども交流、手作りお弁当でお花見ランチ交流会
JUGEMテーマ:地域/ローカル
こんにちは!



4月になり、やっと桜も満開になりましたね。



今日、子ども交流のお子さんたちが手作りのお花見弁当を作って、ファームでお花見ランチ交流会を開いてくれました。



お天気が良ければ校庭の桜の下で行われる予定でしたが、あいにく、朝から激しい雨と風。



でも、2階のファームの窓から校庭の桜を見渡せてとても素敵なランチ交流会になりました。







午後からは雨もやみみんな満開の桜の下、元気に遊んでいました。




                                      月曜店長中村  
プチイベント | 14:57
- | -
大田区から活動が広がっています
 昨日は日本カバディ協会の現日本代表、元日本代表の選手の方々に
ご利用いただきました。

今秋、日本で初めてのカバディ小学生大会が開催されるため、
大会に向けての特別練習日だったのだそうです。

おおたオーガニックファームのあるこらぼ大森からも
小学生チームが出場する予定です。

小学生で定期的にカバディの練習ができるのは、
こらぼ大森の体育館で行なわれている
「いろいろスポーツ教室」だけなのだとか。
将来、大田区から活躍する選手が出てきてほしいですね。

お茶を飲みながら「スポーツでけがをしない為のストレッチレッスン」など、

スポーツ談議に花が咲いていました。


またまたここからつながりが生まれ、

大田区から新たなスポーツ旋風が巻き起こるかもしれませんね。


オーガニックファームはこらぼ大森小学生チームを応援します。

おおたオーガニックファーム - こらぼ大森情報交流室兇気鵑亮命
おおたオーガニックファーム - こらぼ大森情報交流室兇気鵑亮命
プチイベント | 22:13
- | -
5/25春のおはなし会ご報告
こんにちは!
薫風さわやかな…とは、ちょうど今のような時期を言うのでしょうね。
今日は、5月の風に乗って、子どもたちのための楽しいおはなしが届きました。

春のおはなし会「開桜小さくらんぼがやってきた」



おとなりの開桜小学校でふだん朝の読み聞かせをやっていらっしゃる、保護者のボランティア団体「開桜小さくらんぼ」。
今回初めて、おおたオーガニックファームにお招きして、おはなし会を催していただきました。

今日のテーマは「ぴょんぴょん」。
さっそく、おはなしのはじまりはじまり…



就学前の小さなお子様を中心に、たくさんの子どもたちが集まりました。
どの子も、みんな一生懸命聞いています。
「あっ、かえるだ!」
「このあいだ、つかまえたよ!」
いろんなつぶやきが聞こえてきます。
盛り上がるところでは全員しーんとなって聞き入っていました。



ウサギにカエル、子やぎに、イルカ…。
今日のテーマ「ぴょんぴょん」にあわせて、いろいろな「ぴょんぴょん」するものの絵本を読んでいただき、とても楽しいひとときになりました。



今回大活躍だった、開桜小さくらんぼのみなさまです。
おはなし会の後も、お茶を飲みながら、絵本の読み聞かせの方法などについて、いろいろと情報交換をしていかれました。
すてきなおはなしを、どうもありがとうございました!



おおたオーガニックファームでは、親子で楽しめるイベントをこれからもたくさん行っていきます。
イベントの日も、ふだんの日も、どうぞ一休みしに来てくださいね。

土曜日店長 水口
プチイベント | 16:07
- | -
5月25日 おはなし会のお知らせ
こんにちは!いつもご利用いただきありがとうございます。
おおたOrganicFarmでは、このたび小さいお子様むけのおはなし会を開催します。
ぜひ、ご家族でおいで下さい。




2013年 春のおはなし会
5月25日(土) 14:00〜 14:30〜(各回20分程度)
場所:おおたOrganicFarm(こらぼ大森2階)


※対象:未就学児とそのご家族
※申し込み不要、参加無料


開桜小学校でいつも読み聞かせをおこなっている、
保護者のボランティア団体「開桜小さくらんぼ」のメンバーにお越しいただき、
楽しいおはなしを読んでいただく予定です。

今回のテーマは、「ぴょんぴょん」。
どんなおはなしが始まるんでしょうか。私も楽しみです。

未就学児(6歳以下)のお子様が対象ですが、意外に、小学生くらいのお子様も楽しめるかも。
お子様がおはなしを楽しんでいる間に、大人の方はおいしいスイーツを楽しむ…なんていかがですか?

みなさまお誘い合わせてお越しくださいね。
お待ちしております。


土曜日店長 水口
プチイベント | 16:01
- | -
今日はおしゃべりカフェ「簡単おいしい朝ごはん」
 今日は第4月曜日「おしゃべりカフェ」の日です。
本日のテーマは「簡単おいしい朝ごはん



春眠暁を覚えず・・・とは言いますがそれにしても朝は眠い
朝から食欲モリモリという方は少ないのでは?

みんなで我が家自慢の簡単朝ごはんを持ち寄って
レパートリーを増やしましょ!!


日時:4月23日(月)10時〜12時
参加費:250円(お茶つき)
持ち物:我が家の簡単自慢?な朝ごはん
プチイベント | 08:31
- | -
ラオスの絵本カフェ/ポレポレecoまつり
 先週のおおたOrganicFarmは、イベントが盛りだくさんでした。

とくに10月14日〜15日 ラオスの絵本カフェ と、
10月16日 ポレポレecoまつり では、
たくさんのご利用者のみなさんに楽しんでいただくことができましたので、是非ご報告させてください。


●10月14日〜15日 ラオスの絵本カフェ●

大田区国際交流週刊の一環として、NPO法人「ラオスのこども」との協働企画により、「ラオスの絵本カフェ」を開催しました。
少数民族の多いラオスでは、識字率が低く、まちの中に書店が大変少ないのだそう。
「ラオスのこども」は、そんなラオスの子どもたちに対して読書推進活動を行っています。
今回のイベントでは、参加者とともに、日本語の絵本をラオス語に翻訳したものを作りました。



日本語の絵本に、ラオス語翻訳の紙を切り抜いて貼っていきます。
簡単そうに見えますが、意外に神経を使う作業です。
参加者の皆さんは「集中して、つい無口になってしまいますね」と笑いながらも、
参加者同士のおしゃべりを楽しみながら作業していらっしゃいました。



このようにして、ラオス語で読める絵本を作った後、
14日はラオスにちなんだお料理、15日はデザートをいただきました。

14日はスープカレーと、チェオ・マックレン(トマトのディップ)とココナッツゼリー。
15日はナムワンという、ココナッツミルクの中にタピオカやフルーツ等を入れて食べるデザート(写真)です。



美味しくて珍しいお料理やデザートに合わせて、練乳を加えて飲むラオスコーヒーや、ラオスの桑茶にも舌鼓を打ちました。

参加者みんなで作った絵本がラオスの子どもたちに届けられるのが楽しみですね。


●10月16日ポレポレecoまつり●

ラオスの絵本カフェの翌日は、こらぼ大森全体でのお祭りです。
こらぼ大森の子どもたちは、この日のために踊りを練習したり、出店の準備をしたりと頑張っていました。
当日はピカピカの晴天で、お祭り日和。



私たちおおたOrganicFarmでも、ミニイベントを行いました。
子どもたちに向けての紙芝居屋さんです。



演目は落語のわらいばなし「たのきゅう」「じごくけんぶつ」と、
こらぼ大森オリジナル紙芝居「ぽれぽれのいるところ」。
「ぽれぽれのいるところ」では、なんとこの紙芝居の作者が、演じに来てくれました。



浴衣を着たり、拍子木を打ったり、小さなアメを買ったり(10円ですくい放題)して、気分はすっかり昔の下町の子どもです。
親御さんにもたくさんご来店いただき、たいへんにぎやかな一日になりました。


これからもおおたOrganicFarmではイベントが盛りだくさんです。
イベントがある日も、もちろんない日も、ぜひお茶を飲みに来てください。
おしゃべりだけでもOKです。


土曜日店長 水口
プチイベント | 15:12
- | -
「幻の子ども像」青木悦さん無事終了しました
4カ月にわたったおおた駅伝子育て編-「しあわせ子育てスィッチ・オン」
最終回「幻の子ども像」青木悦さんも無事終了しました。

講座の受講募集後、すぐに定員になってしまい、
お問い合わせいただきながらも受講できなかった方もたくさんおられました。

この場をお借りしてお詫びいたします。


青木さんのお話しは大地にしっかり根差していて
なんだか心をしっとりさせてくれるようでした。

青木さん講座

反面、情報に踊らされがちな現代の子育ては、
翻弄され、苦しんでいる親、子さんが
沢山いるのだなぁと改めて感じました。


タイトルにもなっている「幻の子ども像」とは?

まず、ノートと紙を用意します。
・紙を縦半分に区切ります。
・片方に子どもの「いやだなぁ」と思う事を
朝から寝るまで時系列にどんどん書いていきます。
・もう片方に今書いた不満と反対のことを書きます。

そうすると・・・
朝は起こさなくてもさわやかに起き、
ご飯をモリモリ食べ、
登校時会う全ての人に元気に明るく挨拶し、
授業中は集中し貼りきって手を挙げ、
常に前向きな立派な意見を述べ、
放課後は帰宅するやさっさと宿題を終わらせ、
公園で仲間とスポーツに汗を流し、
帰るや自主勉強をし、
食事の手伝いも率先してこなし、
風呂に入り身ぎれいにし、
読書を暫し楽しむと、
言われる前に「みなさま、お休みなさいませ」と就寝・・・。
というようなスーパーミラクルな子ども像=「幻の子ども像」とのこと。

こんな幻の子ども像を追い求めていると
現実に不満ばかりを感じてしまい
幻にがんじがらめになってしまうのだとか。

大人だってこんな期待をされても困りますね。
大人も子どもも「自分は自分」で充分なのです。

誰だって完ぺきな人間ではない。
だから「ここはちょっと欠点」「でも私の得意なものはこれ」
「自分のいいところはここ」と自分をわかって過ごすことが大事なのですね。


「母の手で」ではなく「母なる手で」。
お母さんだけでなく、お父さん、おじいさん、おばあさん
近所の人、保育支援者、兄弟姉妹、・・・様々な母なる手で
子どもは育まれていく。

「そうだねぇ」
「自分だけが頑張らなくていい」
「完ぺきでなくていい」

一人一人の質問に暖かくこたえてくださった青木さん。



一つ一つの言葉が会場にいた沢山のお母さんの肩の荷を
下ろしてくれたように感じました。

みんなで子どもを育む地域があればいいのに。そんなつぶやきが聞こえました。

今日蒔いた小さな種がいつか小さな芽を出しますように・・・。

プチイベント | 15:42
- | -
本日の講座は予定通り開催いたします
おはようございます。

すごい雨ですね。
冬の嵐?のようです。


このようなお天気ではありますが

おおた駅伝子育て編「しあわせ子育てスィッチ・オン」
第4回「幻の子ども像」教育ジャーナリスト青木悦さん

は、予定通り開催いたします。


お天気はこれから回復傾向にあるようですが
お越しの際お足もとに十分ご注意なさってくださいね。

特に小さなお子様連れの方はお気をつけて・・・。


キャンセルの場合はお手数ですが、
TEL/FAX:03-3763-7314
MAIL:office@ota-organic-farm.com
までご連絡くださいますよう
よろしくお願いいたします。

まちだ
プチイベント | 07:53
- | -
おおた駅伝講座 第3回「プチ反抗期を乗り越える方法」ご報告レポート
秋晴れの気持ちいい日が続いていますね。
ちょっと肌寒いなと思っても、ここおおたOrganicFarmに入ると
お日様いっぱいで、ほんわか暖かくって。
冬のおおたOrganicFarmは本当におすすめです♪



さて、先週の金曜日に、おおた駅伝「しあわせ子育てスイッチオン!」の第3回を開催いたしました。
今回のテーマは「プチ反抗期を乗り越える方法」。講師はバースセラピストの志村季世恵さんです。

プチ反抗期に悩む方に加え、志村先生の人気も手伝って、講座の申し込みはすぐに満席となってしまいました。
たくさんの方にお断りすることになってしまい、申し訳ありませんでした。


様々な年代のお子さんを抱えるお母さんたちに、志村先生はひとりひとりに語りかけるように、お話をしてくださいました。
反抗期は自立の始まり。子どもが少しずつ親と距離を持っていくための準備。反抗期を過ぎると一回り成長した子どもに出会うことができるそうです。
この時期に親があまり子どもに意識を集中しすぎると、イライラしてお互いをつぶすことになってしまいます。イライラしていると自分で気づいたら、少し離れることで俯瞰して子どもを見ることができます。
ただし、全て手を放すわけではなく、今、子どもがどんなことに興味があるのか、どういうことを感じているのかだけは見ていると良いとのこと。
そして、反抗期の後の成長を楽しみに待つのです。

なるほど。そう考えると、少し気持ちが楽になりますね。

そして、子どもはお母さんのことが無条件で好きなのだから、親も子どもに条件(○○でないとだめ。○○できないのはだめ。などなど)を求めるのではなく、無条件に愛していることを伝えることが大切とのこと。

他にもたくさんの心に響くお話を伺うことができました。

中には、ほろりと涙がでるようなお話も。講座終了後は、皆さん暖かいお母さんの顔になっていました。

志村先生、本当にありがとうございました。

志村季世恵さんは、セラピストとしての活動以外に、ダイアログ・イン・ザ・ダーク(http://dialoguinthedark.com)というNPOの理事もされていらっしゃいます。
暗闇の中で、視覚以外の感覚の可能性と心地よさを思い出し、
コミュニケーションの大切さやあたたかさを再認識するエンターテイメントを運営するNPOです。
お母さんは日々の生活に追われて、五感を忘れがちです。
晴れた日には「気持ちいい!」ではなく、「洗濯しなきゃ!」と思う。
五感を取り戻すことで、子育てももっともっと幸せになると
志村先生はおっしゃっていました。

そうそう!
ここオーガニックファームは五感を感じられる場所でもあります。
芝生の香り、木々のざわめき、お日様の暖かさ、美味しいお茶、
みんなの笑顔。
そんなことを感じた一日でした。

月曜店長 えがみ



プチイベント | 10:31
- | -
第2回 おおた駅伝「しあわせ子育てスイッチオン」ご報告レポート
やっと秋らしさを感じるこの頃です。

さて、先週の金曜日におおた駅伝「しあわせ子育てスイッチオン」第2回目
「幼稚園選びに迷ったら」と題して、O☆Kマムの代表である北澤潤子さんにご講演いただきました。(O☆Kマム http://okmam.exblog.jp/
幼稚園選びのポイントを色々な角度から話してくださいました。


 1.幼稚園ってどんなところ
 2.子どもにとって大切な環境とは
 3.自分の視点を定めること
 4.いろいろな幼稚園を見ること、感じること
 5.とことん悩む→納得して決める
 6.いい幼稚園とは
 7.メリット、デメリット
 8.幼稚園に入ってから


参加したママたちの質疑に対して、北澤さんや我がOrganicFarmの先輩ママからの応答もあり、真剣で楽しいやり取りがありました。
今年、来年と入園を控えるママ達にとって有意義な講座になったと思います。
幼稚園選び、成功してね〜!と、祈るスタッフ一同です。(茶木)
プチイベント | 11:07
- | -