カレンダー 新着エントリー 過去ログ
CALENDARメニューを閉じる
<< August 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
ARCHIVESメニューを閉じる
PROFILEメニューを閉じる
LOGINメニューを閉じる
userid:

password:


<< 本日の講座は予定通り開催いたします | main | 1月以降のイベントのご案内 >>
「幻の子ども像」青木悦さん無事終了しました
4カ月にわたったおおた駅伝子育て編-「しあわせ子育てスィッチ・オン」
最終回「幻の子ども像」青木悦さんも無事終了しました。

講座の受講募集後、すぐに定員になってしまい、
お問い合わせいただきながらも受講できなかった方もたくさんおられました。

この場をお借りしてお詫びいたします。


青木さんのお話しは大地にしっかり根差していて
なんだか心をしっとりさせてくれるようでした。

青木さん講座

反面、情報に踊らされがちな現代の子育ては、
翻弄され、苦しんでいる親、子さんが
沢山いるのだなぁと改めて感じました。


タイトルにもなっている「幻の子ども像」とは?

まず、ノートと紙を用意します。
・紙を縦半分に区切ります。
・片方に子どもの「いやだなぁ」と思う事を
朝から寝るまで時系列にどんどん書いていきます。
・もう片方に今書いた不満と反対のことを書きます。

そうすると・・・
朝は起こさなくてもさわやかに起き、
ご飯をモリモリ食べ、
登校時会う全ての人に元気に明るく挨拶し、
授業中は集中し貼りきって手を挙げ、
常に前向きな立派な意見を述べ、
放課後は帰宅するやさっさと宿題を終わらせ、
公園で仲間とスポーツに汗を流し、
帰るや自主勉強をし、
食事の手伝いも率先してこなし、
風呂に入り身ぎれいにし、
読書を暫し楽しむと、
言われる前に「みなさま、お休みなさいませ」と就寝・・・。
というようなスーパーミラクルな子ども像=「幻の子ども像」とのこと。

こんな幻の子ども像を追い求めていると
現実に不満ばかりを感じてしまい
幻にがんじがらめになってしまうのだとか。

大人だってこんな期待をされても困りますね。
大人も子どもも「自分は自分」で充分なのです。

誰だって完ぺきな人間ではない。
だから「ここはちょっと欠点」「でも私の得意なものはこれ」
「自分のいいところはここ」と自分をわかって過ごすことが大事なのですね。


「母の手で」ではなく「母なる手で」。
お母さんだけでなく、お父さん、おじいさん、おばあさん
近所の人、保育支援者、兄弟姉妹、・・・様々な母なる手で
子どもは育まれていく。

「そうだねぇ」
「自分だけが頑張らなくていい」
「完ぺきでなくていい」

一人一人の質問に暖かくこたえてくださった青木さん。



一つ一つの言葉が会場にいた沢山のお母さんの肩の荷を
下ろしてくれたように感じました。

みんなで子どもを育む地域があればいいのに。そんなつぶやきが聞こえました。

今日蒔いた小さな種がいつか小さな芽を出しますように・・・。

プチイベント | 15:42
- | -